認知症を考える

認知症を考える

認知症の種類と違い

認知症は様々な原因によって脳に異常を起こし、記憶や見当識などの障害を抱える問題で、生活において支障が出る状態のことを指します。先天的に認知に対する障害があるものを「認知障害」と呼び、後天的なものを「認知症」と呼ぶようになっています。ひと言で認知症とは言ってもいくつかの種類があり、誰もが聞いたことはあるアルツハイマー型、脳血管性、レビー小体型、前頭側頭型などがあり、その他にも様々な原因が存在します。アルツハイマー型は最も多い症状で、正常な神経細胞が壊れることで脳萎縮が起こるのが原因と言われており、初期では直前の自分の行動を忘れる程度ですが、段々と現在と過去の区別がつかなくなり、人の顔や名前を忘れるようになります。過去の記憶は残っていることが多く、それが理由で徘徊をするようにもなります。次に多い脳血管性はアルツハイマー型と同様に、徐々に症状が酷くなっていくもので、記憶障害がひどくなる一方で判断力は保たれているという特徴があります。レビー小体型は記憶障害よりも歩行障害や幻視の症状が特徴的で、過去の友人や親などを見たり、誰もいないはずの場所を見て話しかけたりすることが多いようです。前頭側頭型は滅多に起こるものではありませんが、物事などを総合的に見ることができなくなり、雨の降る中で散歩をしたり、物の名前は分かるのに何のために使うのかが思い出せなくなる症状です。どの症状でも高齢者に多く見られるものですが、中高年でも発症する可能性があるので注意が必要です。

アルツハイマー型認知症の原因

脳の神経が変性したり、欠損することで認知症は起こります。
最初は物忘れが多くなり、それが徐々に進行していきます。進行すると自分で自分のことが出来なくなり、日常生活に支障を来たします。
また、痛みなどの異常があってもうまく言葉にして伝えられないので、病気の発見が遅くなって処置が遅れてしまうこともあります。
現代医療では完治は難しいとされていますが、薬物療法、リハビリ、などで進行を遅らせることはできます。65歳以上の認知症の人は、400万人以上と言われており、今後高齢化が進んでいけば患者数はさらに増加すると考えられています。
日本人の認知症で多いのは、アルツハイマー型です。
アルツハイマー型は、世界的にも多くて患者の半数を占めます。脳が正常に機能しなくなる病気で、女性に多いです。
原因は「βアミロイド」や「タウン」と呼ばれるたんぱく質の影響と考えられています。脳全体にこれらのたんぱく質が溜まると、神経細胞が壊死して脳機能が低下して、神経伝達がうまくいかなくなります。
すると脳が萎縮して記憶障害、判断力や身体機能の低下、などが起こります。
通常では「中性エンドペプチド」という酵素が「βアミロイド」を分解しますが、アルツハイマー型認知症では「中性エンドペプチド」が少ないためにたんぱく質が溜まってしまうとされています。

Valuable information

生きた酵母の発酵パワーに注目!!

酵母ダイエット

サロンやショップ様御用達のリゾート家具ショップ

オーダー家具 大阪

エコキュートやIHクッキングヒーターならおまかせください。

オール電化 激安

Last update:2017/5/2